· 

欲しいのは元カレじゃないはず。

 

この御時世だと、外になかなか出られずに家にいることも増えましたよね。

 

人は、常に何かをしている生き物で、この何かは大きく2つに別れるのですが、頭を動かすか体を動かすかのどちらかなんです。

 

家にいると必然的に体を動かさないので、頭を動かすことになるんですね。

そして、この時、何か勉強とかしているならいいのですけど、特に憶えることもなく考えなきゃいけないこともない場合、人は記憶の扉を開け始めます。

そして過去のことを思い出し整理をし始めるんです。

私が思うのは、たぶん、今一番辛いのって、失恋の状態にある方だと思います。

 

新しい出逢いのためにアグレッシブに動けるわけでもなく、仕事の忙しさでごまかせる訳でもなく、友達と会って憂さ晴らしもできない。

そんな時は辛い気持ちや記憶と直面します。

 

失恋をしたとき、復縁に挑戦するか、諦めるかのどちらかにはなります。

そして、復縁に挑戦するのは可能性のある時です。これは、幸せになるための前提条件です。

しかし、復縁ができないとわかっていても諦めるのはとても難しいですよね。

 

人が大きな傷を乗り越えられるほどに癒えるためには、自然に待つと1年以上の期間がかかります。

なので、失恋した傷を癒やすには、新しく恋をして辛い記憶を上塗りするのが、最も良い方法なんです。

 

だけど、誰かを好きだと他の人なんて考えられない、そう感じますよね。

 

でも、そう思ってしまうと最後、前に進めなくなります。自然な出会いを待つと、運が良ければすぐですが、場合によっては3年も5年もかかります。

 

その時、私はいつも聞きたいことがあるんです。

 

「本当に欲しいのは、その元カレ(元カノ)ですか?」

 

 

 

 

イエスと答えるのはわかります。

 

だけど、多分、答えは違います。

 

 

「本当に欲しいのは、同じように(またはそれ以上に)好きになれる相手です。」

 

この答えは絶対なはずです。

 

 

 

想像してみてください。

失恋の傷を乗り越えて、誰かと出逢ったとします、その人を物凄く好きになったとします、今までの誰よりも愛してて絶対に失いたくない人になりました。

 

その時のあなたに、

「元カレ(元カノ)と付き合ってた過去に戻りたいですか?」

と質問します。なんて答えますか?

 

 

 

つまり、元カレ(元カノ)が欲しいのではなくて、「同じくらい好きになれる人が欲しい」のです。

 

元カレ(元カノ)が好きな時に想像できないのは仕方ないです。

 

だけど、はっきり言えること。

あなたの様な人を探してる人は、必ず、います。

今、この瞬間もあなたを探しています。

 

そのためには出逢わないとダメです、早くその人にあなたを見せてあげてください。

外に出られないからって、出逢いが作れない世の中ではないですよね?

 

大切なのは、家にいて辛いことだけを考えることに時間を費やさないことです。

そうしていると、ただ辛さが増すだけなんです。

 

ネットを活用して、自分をお披露目してみましょう☆ 同じ様に辛い思いをしてる人にあなたを見つけさせてあげてください。

 

また同じくらい、それ以上に好きになれる人は、必ず、います。

 

銀水あけ美