· 

あなたは、自分が自分であることに満足していますか?

ここ数年、自己肯定感が大切と言われていますね。

書店にも“自己肯定感”関連の書籍が多く並んでいます。

 

特に日本人はこの自己肯定感がとても低いとデータが出ているくらいですので

多くの方々が何らかしらの劣等感を抱いて生き、また生きづらさを感じているのではないでしょうか。

 

私もそのうちの1人でした。

あなたは、自分が自分であることに満足していますか?

 

自己肯定感を高めようとして、自分に自信をつけようと

あれこれする人も多いですが、それは単に着飾ってみただけ・・・

 

例えば、自分に自信がつくかな、と思い何かの資格を取る。もちろん資格をとることは素晴らしい事です。

私も学ぶことが大好きなので、色々な資格を取得してきました。(プチ資格マニア)

でもそれって、根本的な自信にはつながらず、ちょっとお高めな素敵な洋服を着て「私って素敵でしょ」と外見だけが変わったようなものかな、と思っています。

 

自己肯定感が低いと他人から認められたい(認証欲求)、認められることでしか自分の価値を感じることが出来なくなります。

自分で自分を認められないと、人に認めて欲しいと他人に求めてしまうのです。なんだか寂しいですよね。

 

では、なぜ自己肯定感が低いのでしょうか?

それは、生まれた時からこれまでに、人から言われた言葉などで自分と他人を比較して勝手に思っているからなのです。

 

「ダメなやつだ」「なんで出来ないんだ」そんな言葉を親から、家族から、先生から、または自分自身で誰かと比較してそう思い込まされているだけなのです。

 

よく「自分を褒めよう」と言いますが、私も相談者の方々にお伝えしています。

 

「自分をほめてください」と。くだらない?と思いましたか?

実はこれ、自己肯定感を高めるために、一番効果があるのです。

 

毎日毎日、自分に「すごい」「頑張ってる」「いい感じだよ」って、是非、言ってみて下さい。

 

最低3カ月、1年続けてみて下さい。必ず変わります。

 

でも、これまでの長い人生をそんなに急に変えることは、難しいですよね。

いきなり黒が白になることはありません。

 

生きづらさを感じる、他人に認められたくて寂しい・・・

 

そんなふうに思っているのであれば、ぜひ、私にお話を聞かせて下さい。

自己肯定感を高めるお手伝いをさせて下さい。

 

私は、あなたの心に灯をともす存在でありたいです。

なな