近藤 颯斗先生の紹介

ホーム >> 先生の紹介と得意分野  >> 近藤颯斗先生

近藤 颯斗先生 (呼出6番)

プロフィール hayato kondo

夢を追う明るい人生から挫折し、都会から田舎の暮らしへ。波乱曲折の人生の中で人との正しい関わり方の大切さを重んじる。転身した教育業を通し、自身の生き方の指標の捉え方、感情の扱い方を習得し、どう生きるべきか迷った時には正しいアドバイスが得意。また恋愛では一途な性格から継続的な愛情の育て方が得意。

 

得意なお悩み

恋愛、心の悩み生き方の相談が得意。

 

1分/60円

メッセージ相談 1通/3000円


ご相談はご相談ダイヤル 03-6861-8500 に発信→

颯斗先生の呼出番号を押して下さい。

好きなこと、遣り甲斐のあることをしたいと、夢を追う人生を送る。

若い頃から音楽の才があり、バンドを結成し音楽プロダクションに所属、音楽で生きる道を目指すが、人間関係に悩まされる。心底想った女性を夢を一緒に追う仲間に奪われるのがきっかけで、恋愛にトラウマをもつようになる。

精神を病み、夢を諦める様にホストの世界に入るが、“自分には合わない”と心が言うことを利かず、次第に攻撃的になっていく自分に気づく。自分自身が崩れていくような壊れていくような錯覚に襲われ、そのうちに人前に出るのも恥ずかしい気持ちでいる自分を自覚し始める。そんな生活を送るうちに都会の刺激や喧噪に嫌気がさし、自身を一新するため四国の田舎に、住み込み労働を見つけ農業を始める。自然豊かな環境と穏やかな人付き合いに心癒やされる。

充分な時間を田舎で過ごすことで自分が回復したと思えるようになり、地元に戻り、正しい人との関わり方を学びたく教育業に入る。

教育する形で人と深く関わる中で、悩み相談を受けることが多くなり、人の悩みに向き合うことに強い興味を持つ。

人生を壊して崩して挫折した人に、いくらでもやり直せること、生きる環境の大切さを伝えたいと感じている。

恋愛では出逢いの多さから、女性から言い寄られることは多々あるが、奥手で片思いばかりしてしまい、恋をすると何事も手に着かなくなってしまう純なタイプの先生です。継続的な恋愛アドバイスが得意。

 

Ex.Manager 石川

まずは、このメッセージを読んでくださった方に心から感謝いたします。

僕はここで先生と名乗っていますが、僕は貴方と同じように人生というものに必死で抗う非力な人間です。

日々の雑音に夢や希望が覆い隠されてしまう事もあれば、孤独に吸い込まれてしまいそうな夜もあります。

苦しみから抜け出す為にはどんな方法があるでしょうか、

本を読む事?音楽を聴くこと?旅行に出かける事?

たくさんの方法はあると思いますが、「人と会話し意見を交換するということ」これはとても有効な手段です。

問題解決のお手伝いはもちろんですが、そこには一人では決して手に入らない絆や温もりもあります。

僕は相談員である前に、貴方の最高の友人、何でも話せる相手でありたいと思っています。

近藤颯斗先生のブログ

2020年

6月

09日

 

 

友達の家にお食事に呼ばれました

最近その友達は一匹の猫を飼いはじめていて

その猫はソファに座る友達の横で、お腹を見せながら寝そべっていました

友達が胸の辺りを撫でてやると、満足そうに甘えた声で鳴くのです

 

にゃ~ぉ

 

僕がすっと手を伸ばすと

猫は身体を翻し、どこかに走り去ってしまいました

 

まぁいいや

 

僕は猫の事を忘れて、友達とご飯を食べながら会話の続きを楽しみます

ふと気がつくと、また猫が見ている

 

再チャレンジ!あのもふもふをなんとしても手中に収めたい!!

 

僕が身体を起こそうとした瞬間

また猫は台所の机の下に隠れてしまいました

 

「アイコンタクトが大事だよ」

 

そんな様子を見かねた友達が言いました

 

「最初はじっと見て、徐々に瞬きの回数を増やしたり、視線を外す時間を長くするんだ」

 

友達が言うには、初対面で向かい合っている状態は緊張状態にある為に

それを解きほぐす必要があるとの事

 

なるほど

 

僕は猫を見つめながら、一度パチっと瞬きをした

すると猫もパチっと瞬きをする

 

次は2、3秒かけてゆっくり瞬きをしてみる

猫は視線を落とし、2、3秒かけて自分の前足をペロペロ舐めた後、再び僕の事を見た

 

なーるほど

 

今度は、俺とお前はファミリーだぜ、俺はお前を可愛がってるご主人の友人で

お前に危害を与えるつもりはない、こっちにくるかどうかはお前の勝手だが、来たらそのもふもふを優しく撫でてやる

 

と心で念じながら、身体をだらっと弛緩させて、視線をゆっくり外したり合わせたりしてみた

 

すると猫は僕の方に近寄ってきて、僕が差し出す軽く握った拳を舐め始めた

こうして颯斗は、もふもふを撫でる事に成功したのだ!!!

 

その時僕は思ったのです

 

猫と人間がこんな風にお互いの意思疎通ができるならば

人間同士でもできるのではないかって

 

僕ら人間のコミュニケーションは些か言語に頼り過ぎなのではないかと

 

言葉の意味ばかりを捉えようとして、その奥から照射される感情に対して

あまりに鈍感すぎるのではないかと感じたわけです

 

また、自分の感情が知らず知らずに他人の意識に流入している事も

僕らはもっと重視する必要があると思うのです

 

 

 

大事なのは空気だと思うのです

 

 

 

例えば「愛してる」とゆう言葉がありますが

人によって愛の形は違うわけです

 

 

個人個人の愛とは、その人が今までに積み上げてきた歴史、学んできた価値観

その人なりの理想、真理、全てが詰め込まれたものですよね

 

「愛してる」とゆう言葉を伝えるのって

まるで、難解な小説のタイトルだけを告げるようですよね

 

 

 

小説の中身を伝えるのは、僕らの発する空気なわけです

 

 

 

好きな人に想いを上手く伝えられず悩んでいる人へ

 

貴方の受け入れてもらえないんじゃないかという恐怖心や

自分の都合で、お相手の行動を縛りたいという所有欲は

 

実は全て伝わっています

 

お相手が意識できるか、できないかは置いておいて

本能ではそれを感じ取り、それは貴方に対する違和感に繋がります

 

逆に言ってしまえば、「愛してる」の言葉がなくても

晴れやかで、誇らしくて、温もりあるビジョンをイメージすれば

 

貴方の視線や、一挙一動から、愛をお相手に伝えることは可能なのです

 

それは同時に僕らが、愛について常に考え、それを磨いていく意識を持っていなければならないという事です

 

近藤颯斗

2020年

4月

10日

「俺達、もう付き合ってると思ってたわ」ってゆー派の人々

 

どうも、近藤颯斗です。

コロナウィルスが世間を騒がしておりますけども、この度のブログでは、それには全っっく触れずに、颯斗恋愛語録をお送りいたします。

 

僕は学生時代、付き合うという事が不思議で不思議でたまりませんでした。

付き合う事が不思議というか、「付き合おう」と口約束を交わしたところから、男女が付き合ってる事になるというのが不思議だったんですね。

 

それってまるで、用意された舞台で、決められたシナリオ通りに動く演劇みたいだなって、そんな事考える可愛げのない気難しい餓鬼でした、颯斗です。

 

付き合う、という約束、それが双方の安心感に繋がる事は分かります。

でも、それによって弊害も生まれると思うのです。

「付き合ってるんだから、愛情表現しなくてもわかるでしょ」という奢りだとか

「付き合ってるのに、愛情表現してくれない」という欲求だとか

 

そして分かりやすい始まりがあるという事は、分かりやすい終わりも往々にして訪れるものなんですよね。

 

好きな時に、好きな人と、好きな事ができたらいい。

 

それって無責任とも言えるかもしれないけど、付き合うという約束がなくても、本当に好き同士で、信頼関係が築けていて、お相手を傷つけたくないという気持ちがあれば、離れ離れにはならないんじゃないかと思うわけなんです。

 

逆に信頼関係が築けていないにも関わらず、自分の元から去って行く人に対して、付き合うという約束が、どれ程の抑止力があるのか、甚だ疑問であります。

 

だから、僕的には付き合おうという約束っていらないんです。

でも、本当に好きな人が付き合うという約束を結びたいなら、それを頑なに拒否するほど頑固者でもないのです。

 

つまり僕はそういう時

「俺達、もう付き合ってると思ってたわ」ってゆー派の人々です。笑

それは、付き合うという事を約束ではなく、状態として認識しているからです。

 

そんなわけで、僕が皆さんに伝えたいメッセージとしては

例えば、今、特定の誰かとお付き合いしたいけど、できなくて悩んでる方

貴方と、お相手のお付き合いはお互いを認識した瞬間から始まっていると考えてみてほしいです。

 

0からスタートした、2人の歴史は、1つ1つ、着実に、数を重ねています。

2人は信頼関係を構築していく共同作業、つまりはお付き合いしている状態にある事

それに喜びを感じてほしい。

とてもかけがえない絆は既に生まれている。

 

それを意識できれば、とても優しくて、幸せな気持ちになれる筈です。

 

颯斗

経験した病気()うつ病、対人恐怖症、トラウマ

性格的特徴繊細、おおらか、ユーモラス

座右の銘・好きな言葉「全て問題ない、が同時に全てが問題だ」「宇宙って、広い」

考え方で指標とする言葉〘真の幸福とは愛である〙隅から隅まで楽しむ!

嫌いな言葉「〜に決まってる、〜が普通

短所集団行動ができない..

✧特技打楽器、絵、小芝居

必殺技悲劇を喜劇に変える事

不得意なことずっと同じ事を続ける事、期限が設けられている事

自慢引きこもりなのにフットワークが軽い

悩みさっきの夢をもう一度見たいが二度と見れない

怖いもの動きだしきそうな人形