お悩みメッセージ無料相談

お悩みメッセージ相談を利用する

恋愛のお悩みの場合は状況などを詳しく、精神病・心のお悩みの場合は病名や状態の詳細、仕事や人生のお悩みでしたら生活状況やご自身のお考えなど詳細を出来るだけ具体的にお書きください。

2021年

9月

28日

弟はパチンコでお金を儲けたいわけではなく、頭を空っぽにしていられるから行くんだと言っています

佐藤 29才 石川県

なず先生が回答いたします。

 

29歳の佐藤といいます。

 

5歳年下の弟についての相談です。

 

弟は実家で両親と暮らしています。

高校を卒業して専門学校への進学のため親元を離れましたが、だんだんと学校へ行かなくなり、連絡が取れなったため、両親が様子を見に行ったときには部屋で動けない状態だったそうです。

 

動けなくなったのは、友達とパチンコに行って生活費を使ってしまい、学校が終わったあとに遅くまでアルバイトをして寝ずに学校に行く、というのを続けているうちに動けなくなったそうです。パチンコのために借金をして、親にばれないようにするためにアルバイトを始めて体調を崩して動けなくなるまで無茶な生活をしていました。

ギャンブル依存の状態は今も続いています。

借金は結局親が片付けたようです。

 

実家に連れ戻された後、親がつきっきりで規則正しく生活をさせて体調が持ち直してアルバイトできるまでになりましたが、パチンコは辞められず、アルバイトしたお金を全てパチンコで使ってしまう状態で、やむを得ず今は親がお金の管理をしています。

決まった日に決まった金額を渡され、渡されたその日にパチンコで使い切ってしまうようです。

パチンコに行きたくなるとお金をもらえるまでしつこく親に食い下がって、屁理屈を並べたり脅したり、人が変わったようになります。

私もその様子を見たことがありますが今にも暴力を振るいそうで怖かったです。

今まで知っている弟は暴力を振るうなんて想像できない優しい子だったので、あまりの変わりように私も動揺してしまいました。

 

精神科に通院してはいますが、ギャンブル依存症の治療のようなことはしていません。

弟はパチンコでお金を儲けたいわけではなく、頭を空っぽにしていられるから行くんだと言っています。

私の目からはパチンコに行って帰ってきたあとは体調が悪そうに見えます。勝っても負けても。続けてパチンコに何日も行っている時はきっと勝っているから行けるんだと思いますが、目つきが普段と違って見えます。

 

 

弟は周りに目が行き過ぎるというか、気を張りすぎて疲れてしまうようで、高齢の人や体が不自由な人が歩いていたり、買い物をしているのがとても気になるそうで、少し離れていても駆け寄って手伝いをはじめたりします。優しいからだと思っていたのですが、優しいだけではなく、少しやりすぎというか、病的なようで、精神科からは脳の活動を抑える薬が出されているそうです。

 

そういう状況だからだと思いますが、仕事でも人と関わると疲れ過ぎて体調を崩してしまうため、時短で働いています。

 

仕事をして自立できる状況でもなく、ギャンブル依存があり、親がいてなんとかしている状況です。

 

 

今はよくても、この先親も年をとりますし、ずっと今のままいられるわけもなく、親が弟と一緒に暮らせなくなったら、自分しか頼り先がないので、私がどうにか考えなければいけないのですが、正直、弟の金銭の管理をしながら面倒を見ていくことは自分にはとても無理だと思っています。

弟とは仲はいいですが、あんなふうに人が変わったような姿を見るとお金の管理などできません。ギャンブル依存が治るようにも思えません。

 

弟に今後どう考えているかきいても、将来やりたいこともないしこのまま親元で暮らせればいいとしか言いません。

 

自分自身も病気をもってなんとかやっている状況なので、経済的にも弟の面倒を見る余裕はありません。

 

これからどうしていけばいいのか、兄弟として何かできることはあるのか悩んでいます。

アドバイス頂けますと幸いです。

 

関係があるかわかりませんが、弟は体調を崩して実家に連れ戻された後、発達障害と診断されています。

 

子供の頃は特に障害があることはわかりませんでした。学校の勉強もそれなりにいい成績で、友達もたくさんいていつも遊びに出かけていたと記憶しています。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なず先生からの回答です。

 

佐藤さん、初めまして。なずと申します。

弟さんについてのご相談、拝見させていただきました。

 

大切なご家族について、これまでの経緯などを勇気をもって打ち明けてくださったことと思います。

本当にありがとうございます。

優しい弟さんがギャンブル依存になってしまい、佐藤さんもご両親もとても驚かれたのではないでしょうか。

 

 

まず、いくつか気になるところがあります。

 

弟さんはパチンコに行って借金してと堕落してる状態で、その返済のためにバイトをし過ぎて、学校に行くことも出来なくなったのですよね。

何とかしたい。でもそのストレスから開放される術もパチンコしかなく、自分では止められない。

ここに弟さんの葛藤と大きな問題を感じました。

 

また、借金の事を親御さんに相談できなかったとのこと。

優しい子だったのにパチンコにのめり込んで、暴力を振るいそうな様子にまでなった。

でも、実際には振るってないから、良心の呵責は残っています。

 

ギャンブル依存症は悪化するととても深い症状で、専門機関や矯正施設に入らない限り、いきなり止めることはできないことがよくあるのも事実です。

 

しかし、弟さんの様子を聞くに、彼を苦しめている、頭を空っぽにしなきゃいけない理由を解決するということがまず必要です。

これは弟さんの心とご家族が向き合うことが前提条件です。

 

私として効果がありそうと思う方法は、まず親御さんがパチンコはいきなりではなく徐々に辞めていく形にすることを受容すること。

そして弟さんがどんな本音を思っているのか、とことん向き合うということです。

 

頭の中の何を空っぽにしたいのか、

なぜパチンコをしたくなるのか、

そのきっかけ、

いつも何を考えているのか、

パチンコをすると、何が起きると信じているのか、これを本人から聞き出さなければいけません。

 

また、自分の生活をちゃんとできていない反面、お年寄りや障害者などの弱者に優しいのは、その人たちの気持ちがわかるからです、

つまり自分も同じ弱者だと思っているのです。

 

お節介なまで人にそうするのは、自分がそうしてほしいと望んでいるからです、そしてそういう社会であってほしいと願っています。

 

専門学校にまで行かせてくれて、現在も懸命に支えてくれているご両親や心配しているご兄弟がいるのに、どうして彼はそんなに自分自身を卑下した感覚でいるのか?

きっとなにかあるはずです。

 

脳の活動を抑える薬を処方されているとのことですが、元々の気質的なものなのか、ギャンブル依存による精神的切迫なのかは疑問です。

 

子どもは自分の精神が安定しないことを親のせいにします。

今後も親元で暮らすと言っているのは、それしか手段がないからなだけです。

しかし、弟さんは親御さんに全く心を開いておらず、本音も言っていない状態じゃないですか?

まずはご家族との関係の再構築が何より優先になります。

 

また、発達障害は幼い頃の方が顕著に現れます。ギャンブル依存症が始まってからの診断なら、診断に誤りがある可能性もあります。必要ならセカンドオピニオンも検討されてみてください。

 

 

結果的な対策ですが、今はギャンブル依存を治すという考えより、弟さんの精神状態にまず目を向けてみてください。

良いやり方とは思わないかもしれませんが、対策として効果が高いのは、パチンコのお金が欲しければ、家族と向き合い、本音で話し合うことを条件にすることです。

パチンコのためなら、必ず条件をのみます。

 

彼の苦しみがどこから来ているのか、何が辛いのか(おそらく嫌な経験やトラウマがあります)知ることです。

これだけで著しい回復をすることもよくあります。

 

また、弟さんは暴言を使ったり食い下がったらなんとかなる、ということをすでに経験してしまった「誤学習」に似たような状態なのではと推測しました。

依存症悪化のため自分の思いを通すために、望ましくないやり方を覚えてしまっています。(厳密には誤学習は幼い頃や認知の観点での学習状態を指すことがあります)

よくある例ですが、父親が母親に暴力を振るう家庭で育つと、息子は「女は殴れば黙る」と学び、娘は「逆らうと殴られる」と学んでしまうことなどです。

 

 

ご家族でできる限りのことをやって、本人も自分は依存症を直せず前に進めない、と認められたら、矯正施設や入院できる専門機関や専門医を探し、協力を得る方向性も視野に入れながら、まずは家族で出来ることをしてみましょう。

 

最後に、ご兄弟である佐藤さんが、今から弟さんの面倒を見なきゃと考えるのはまだ早いのではと思いました。

依存症の方のご家族の方のグループなどもありますので、どのように対応されていったか生の声のお話を聞かれても良いかもしれません。

何より佐藤さんご家族と同じように向き合われている経験のある方のお話を伺うことで、気持ちがリセットされて根気強く向き合うことができるかと思います。

依存症は少々、長期戦になります。方法はちゃんとあるので、気持ちの面で心しておきましょう。

 

またお話をお聞かせくださいね。

 

ただ、悩むのではなく、問題を一つ一つ整理して、適切な対処をしていくことからです。

 

なず

 

 

2021年

7月

31日

結婚は全く考えないと言う彼と付き合うことに不安があります

加奈 32才 東京都

竹内先生が回答いたします。

 

32才の加奈と申します。恋愛のことで悩んでいます。

 

私は子供の頃から自分の容姿に自信がなく、男性とお付き合いの経験がなく30才を過ぎました。男兄弟の中で育ったこともあり、男性に対して特別な感情を持ちにくい環境ではあったと思います。

それでも子供の頃は、自分の両親のように結婚して子供も持てるものだと普通に思っていました。でも難しいものですね。

 

小中学生の頃、「あの人が好きなんだろう」というような、からかいに何度もあったことがあり、できるだけ男子を避けるようにしてきました。

目立ったり、からかわれることがとても嫌で、今でもその気持ちは変わりません。

そうしているうちに、人と話すことにとても緊張するようになり、高校生のときには同じクラスの女子と話をするのにも赤面してうまく話せないようになってしました。

 

大学生の頃には素敵だなと思った男性がいましたが、既に素敵な女性がそばにいましたので、ちょっと憧れの先輩として私の心の中だけで終わりました。自分からアプローチはしたことがありません。それまで男性を避けていた影響もあると思いますが、やはり男性との話すのは苦手でしたが、高校生の時ほどは緊張しなくなり、普段の必要な会話は赤面せずに話ができていたと思います。

 

働くようになり、職場の男性から好意的な目で見られていると感じると、昔からかわれていたときのことを思い出してしまったり、狭い職場内では、周りの目を気にしてしまうとか、関係性が悪くなることが嫌だったので、そういったことは気づかないふりをしてきました。

私から好意を持つことがなかったのもあると思います。

年上の社員や上司からは好かれているのかわかりませんが、セクハラに近いこともありましたが、笑って冗談として流してきました。ほとんどが既婚者で、他の社員の前でもそういった感じだったので、自分では好意ではなく冗談と思っています。

 

職場の仲良くしている同僚に「いい出会いがないだけ」と言われ、年齢の近い男性を紹介されお会いしましたが、良い方だとは思っても、お付き合いにはなりませんでした。

自分自身が恋愛感情というものを持てないのではないかと感じていました。

 

それでも、恋愛してお付き合いしたいという願望や、今後の人生ひとりきりでずっと過ごすのは寂しいという気持ちで、アプリを使って婚活をしていました。

 

そんな中、8歳年上の男性とメッセージでやり取りをするようになり、直接会おうと言われ、思いきって実際にお会いしてきました。

 

誠実そうな優しい方で、私の話をよく聞いてくれて、自分のことも話してくださり、お話していてとても心地の良い方でした。その方からお付き合いしませんか、と言われています。

私も心惹かれています。こういう感覚はこれまでになかったので、思うままにお付き合いしたいなと思ったのですが。

彼は離婚の経験があり、今後結婚はしたいと思っていないと言われています。

離婚歴や今は繋がりの無いお子さんがいるという話も聞いています。正直に話してくれている安心はありますが、結婚する気はないとはっきり言われてしまい、付き合っていいものかとても悩んでいます。

 

私はすぐに結婚したいというわけではないので、付き合う中でお互いの気持ちが結婚に向けば考えればいいと思う反面、結婚は全く考えないと言う彼と付き合うことに不安があります。

本当に好きになってくれたのか、大事にしてくれるのか、都合よく付き合いたいだけではないのか、と考えてしまいます。

 

結婚願望の無い彼なので、子供を持つことは考えてないとも思います。私はまだはっきりと子供は持たなくていいとまでは気持ちが決められません。

 

彼と付き合ってうまくいくかどうかもわからない今、子供のことを考えてもしょうがないとも思います。

ただ、はじめから結婚の可能性がない彼と付き合うというのが、やはり引っかかってしまって、彼に返事をできずにいます。

 

32才にもなって男性とお付き合いもした事がないという体面を気にしていたり、せっかく付き合いたいなと思う人が現れたのだから付き合いたいという気持ち、子供のこと、一度に色々考えてしまい答えを出せずにいます。

 

私としては付き合っていくうちに彼が私と結婚したくなってほしい、できたら子供も欲しいと欲ばって考えてしまいます。でも、現実的には無理だろうなとも思います。

 

恋愛について今までほとんど考えたことがなかったので、なおさら考えすぎるのかもしれません。アドバイス頂けますと幸いです。

 

加奈

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

竹内先生からの回答です。

 

加奈さん

どうも初めまして、竹内です。

加奈さんからのお悩みメッセージを読ませてもらいました。

 

今回、人に言いたくない自分の弱みやコンプレックスについて書くことは非常に勇気のいることだったと思います。

勇気を出して相談してくれてありがとう。

僕もそんな加奈さんの気持ちに精一杯応えたいと思います。

今回のお悩みについて、私の視点で読んだ後に、加奈さん本人だと思って再度読ませてもらいました。

 

2つの視点で読んだうえで回答させてもらいますね。

 

読み始めから後半にかけて、一生懸命に恋愛しようとどんどんと前向きに行動を起している情景が目に浮かび、加奈さんの誠実で正直な気持ちが強く伝わってきました。

今までの私の人生の中で感じたことですが、恋愛したくてもなかなか行動に移せない人は意外と多い中、加奈さんがお相手の方と実際に会おうって決めた時はものすごく勇気の入ることだったと思います。

 

とても純粋でお相手の方を好きな気持ちは本物なんだなって感じました。

初めに、加奈さんがどのような決断をするにせよ応援したいなって思ってます。

 

まず、加奈さんは、彼の結婚願望がないところに一番にお悩みかと思います。

しかし、「結婚願望がない」、または「現時点で結婚したくない」と思っている男性が生涯ずっと結婚しないとは思いますか?

 

◇結婚する人の目的は二つあります。

・1つは結婚をする人生を歩みたい人

・2つめは本気で人を愛してしまい、ずっと一緒にいたい(他の人にとられたくない)と思って結婚する人です。

 

2つめには、結婚願望がなかった人達はもちろん含まれますが、純粋に、「自分の人生計画で「結婚」をしたい人」ではなく、むしろ「本当に大切な人が出来たから、結婚する」人も、2つめになるでしょう。

それなら、本当の純愛です。その時の結婚は、結婚相手を探してるのではなく『あなたじゃなければいけない』のだから。

 

そして、離婚を経験して、再婚に踏み切れない人は、むしろ1度目の結婚にそれほど真剣だったのです。

一生その人といる、守っていくと決め、結婚したのに、ダメになって、約束を守れない自分自身に自信をなくし、決めたことを維持できなかったとても落ち込んでいる人生を歩んでいる心理状態かもしれません。

 

3回も4回も結婚・離婚を繰り返している人より、よっぽど一途な印象を私はもちます。

(もちろん離婚を繰り返すのは致し方のない理由のある人も多いです)

 

あくまで、「誰も本気で好きにならない」のではなくて「離婚することが怖くて結婚という形をとらない」と、今はショックから決め込んでいるだけかもしれません。

なぜなら、彼は一度は結婚をしているのですから。

 

その彼の気持ちを、加奈さんが、治してあげたらいいのではないですか?

 

そして、今回のお悩みでとっても重要な点、

『私も心惹かれています』ここPointです!!

人生の中で心惹かれる人に出会えるなんて、そうそうあるものではないと思いませんか?

 

恋愛について、そもそもの話しをしますね。

 

男女間は「人間対人間」でしかも「赤の他人」なので、付き合うという形で特別な関係になり、しっかりとお互いを見つめ合うまで、本当に合う相手かわかりません。

だってずっとその人のために働かないといけないし、病気になったら付きっきりの介護もしなければいけません。

血のつながりもない他人とこんな約束を守りながら、30年も50年も生活を共にするのですから、「自分に合う相手」を探すというのは至難のことです。

 

ちなみに、世の中の結婚している夫婦が、初めて付き合った相手だと思いますか? 

答えは、NOで、殆どが「何人目かに見つけた本当に合う人」なんです。

(時々初めての方と結婚する方もいますが、奇跡的な確率ですし、むしろ結婚後に他の人も知りたかった、と後悔や問題になるケースも多いのです。)

 

なので、初めての恋愛を結婚までゴールにしなきゃと思うことは、本当にありません。それを期待するのは構わないですが、そうならなければ始めない、という選択肢は本末転倒です。

 

加奈さんに限らず最初から女性の思いに全て答えてくれる男性は恐らく多くないんじゃないかと思います。

逆に現時点で彼の思い全てに応えられますか?

 

また、《付き合ってからする後悔》と《付き合えばよかったという後悔》どちらも後悔には変わりません。

2つの道を選択できない以上必ず選択しなかった未来を想って少なからず後悔することになります。

加奈さんはどちらの後悔を選択しますか?

 

まずは、加奈さんは「32才まで恋愛をしたことがない自分」から抜け出すことがスタートです。

そう、「恋をしてみる!」それが加奈さんの人生にまず必要な事です!

 

今まで、恋をするには及ばない相手ばかりだったのですよね

あるいは、お相手には他の女性がいて加奈さんとはお付き合いできなかったとか。

 

今回の彼はどうですか?

加奈さんも「惹かれる相手」で、お相手も「付き合って下さい」と言っています。

好きな人に、好きになってもらうなんて、奇跡的なことです。

なので、恋をする必要のある加奈さんに、ためらう必要はないんです。

 

彼を大好きだと思う気持ちを大事に、未来のことは考えずに彼と楽しい『今』を作り上げる事だけに心と時間を注ぎます。

結婚や子供の事はその素晴らしい『今』の先にやって来るものだと思うからです。

良いことも悪いこともあって当然。それも含めて恋愛を楽しみます。

付き合わないとどんな形であれその人との未来はやって来ませんよね。

 

彼に今は結婚願望がなくても、加奈さんのことを本気で愛したら、他の男性に取られたくない、と思うはずです。

もう一度結婚にチャレンジしたいと思う勇気を、彼に与えて下さい。

 

それでも、運命の相手でないのだったら、恋を出来る様になった加奈さんが、本当の相手を探す人生を始められるんです。

 

加奈さんの結婚、恋愛の人生は、まだスタートを切っていませんから、彼に惹かれてる気持ちを信じて、まず、初めてみて下さい。

 

《恋愛をしたことがない加奈さん》、《恋愛をしてみて結婚に向かう加奈さん》

どちらも経験してから、人生の大切なことを決めて下さい。

 

ここまで読んでくださって加奈さんの気持ちに変化はありましたか?

私なりに加奈さんの心に響くと願って全力で回答させていただきました。

 

良かったらまたメッセージ、またはお電話で彼とのことを聞かせて下さいね。

いつでも全力で相談に乗ります!

加奈さんの未来が笑顔で溢れますように(^^♪

 

竹内より

2021年

7月

17日

このままではちゃんと働いて生きていくことも出来なくなりそうで怖いです。

奈緒子 36才 神奈川県

冬吮 大先生が回答いたします。

 

初めまして。私は36才で独身、女、奈緒子(なおこ)と申します。

 

仕事をしながら生計を立てていますが、生活に余裕は全くなく、キレイになるお金もかけれないので、見た目も自信がなく、人生が暗闇でしかありません。

 

前向きに生きる、出会いを作るとか、そういうことにも興味も生まれず、ただそれでも一人で今後生きていくには不安と寂しさがあります。それはどうしても感じます。

 

もう年ですし今の私では、好きになってくれる男性もいるはずありません。30過ぎに何度も婚カツパーティには出てみましたが、まともな男性から好かれることはありませんでした。

とくにそれでショックを受けたわけでもなく、それもそうだろうなと自分でも納得して婚カツは面倒なのでやめました。

 

でも、毎日とても退屈で、同じことの繰り返しばかりで、ただ働き詰めです。今は恋愛ドラマを見る度にうんざりします、以前はドラマも映画も楽しめたのに、今はどうしても自分と比べたり見ているうちに将来が不安になったり、嫌な気分にしかならなくなります。そのせいで楽しみも減って、毎日しんどいです。

 

どうして、みんな私と同じ独身で彼氏もいないのに、あんなに楽しそうにしていられるのか、どうして平気なのか、わかりません。

結婚してる家族がいて楽しそうな人は、あまり意識しないようにしています。

 

とくに病院で鬱病だとか言われたわけではありません。

でも本当に毎日がしんどくて、いつも絶望感を感じて、夜には虚しい気持ちになりますし、一日が終わる寝る前には意味のない時間を過ごした一日だったと毎日思います。明日も同じかと思うと眠るのがいやになり布団の中で起きてます。

ずっとこのままだと、年を取るともっと虚しいんじゃないかと怖くなります。

 

宝くじは必ず買ってるし、初詣に神社やお寺にお参りにも行っています。お墓参りにも行きます。

でも、いいことが起きたりとかはありませんし、それで暗い嫌な気持ちがなくなることはありません。

人生が行き詰まっている気がします。このままではちゃんと働いて生きていくことも出来なくなりそうで怖いです。母も父も他界して面倒を見てくれる人もいません。

嫌な不安な気持をずっと感じてしまうし、幸せそうな人を見る度に嫉妬したり劣等感を抱きます、あまり考えすぎると吐きそうです。

 

どうしたらいいでしょうか?

 

何かやることを決めて行動をしたほうがいいでしょうか?

 

助けてください

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬吮 大先生からの回答です。

 

奈緒子さん

ご相談メッセージありがとうございます。

 

現在の状況、考えれば考えるほど悩んでしまいますね。

毎日のつらい気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

 

まず現状を整理すると、

 

◯36歳、独身、女性、両親は既に他界

◯一人で今後生きていくには不安と寂しさがあり、婚活パーティに出てみたがよい出会いはなかった

◯病院で鬱病だとか言われたわけではない

◯毎日がしんどくて、いつも絶望感を感じる、一日が終わる寝る前には意味のない時間を過ごした一日だったと毎日思う

◯このままではちゃんと働いて生きていくことも出来なくなりそうで怖い

〇幸せそうな人を見る度に嫉妬したり劣等感を抱き、考えすぎると吐きそうにまなる

 

絶望感を感じながら過ごす毎日はとてもつらいですね。

奈緒子さんの心は悲鳴をあげています。

その中で仕事続け、婚活パーティに出てみたり、いいことが起こるようにと、宝くじを買い、神社やお寺、お墓参りもされている。

 

少々、いきなりですが、私の見解をお伝えします。

それは、「確実に今まさにまっすぐあなたの人生を生きている」という事実です。

 

若くして両親が既に他界しているとのことですが、その時のショックや寂しい気持ちもまだ癒えてないのではありませんか?

その悲しみや胸の内を誰かに打ち明けたことはありますか?

しっかりと悲しむことはできましたでしょうか?

誰にも頼る人がいない、理解者がいない、そんな孤独感のなか、一生懸命働いてきた奈緒子さんはとっても偉いと思います。

 

奈緒子さんは、「未来がない」のではなくて、恐らく家族がいないことで孤独に「絶望感」を感じているのだと思います。

文中でも恋人を作る行動はしてないのに[家族]というものには反応しておられますね?

 

奈緒子さんは「幸せそうな人」と感じる人は、どんな人ですか?

幸せそうな人を思い浮かべるのは辛いかもしれませんが、嫉妬や劣等感はあこがれや願望の表れでもあります。

 

婚活や出会いに前向きになれないのは、その「孤独」から波状してる「無気力」だと思います。

誰でも心の支えや理解者、無条件に受け入れてくれる家族がいなければ、恐怖で何にも挑戦できませんし、前向きになれないものです。

 

でもなんとか自分で幸せを見つけてそれを成就させなければ、という気持ちで頑張ってきたのだと思います。

奈緒子さんは、とても現実を見る力のある忍耐力の強い女性です。

しかし、反面、自分の不幸をある意味受け入れすぎていまっています(あがいていません)、逆に、現実を見る目と、この忍耐力を前向きな方向で使える環境にしたら、前にすすめるのではないでしょうか。

 

また、鬱病とは言われていないとのことですが、

状態としては鬱病に近いと感じておりますが、病院の医者は鬱か否か(うつ状態か)を、

“日常生活に支障が出ているか”、

“身体症状(呼吸困難、震えなど)があるか” 

で判断することがあるかもしれません、奈緒子さんは働けているのでそう判断しずらいところかもしれません。

 

しかし、病名診断をもらっても、病院では薬のアプローチしかありません。

大事なのは、心を癒やし、自身で納得の出来る生き方を歩めるようにすることです。それにはこの様にお話し(カウンセリング)することが必要です。

 

自分を幸せにできるのは、実は自分の心だけなのです。

 

結局の所、人は一人では生きていけません。(たとえ生きていけても元気にはなれません)

前向きになるには、社会と人間関係にわかり合える人を見つけることなので、まずは、同じ境遇の人など、理解し合える人や輪(コミュニティ)などを見つけて孤独感を出来るだけ感じない環境を作りましょう、これは彼氏探しである必要はありません。

 

環境やお金や人は自分の幸せを具現化するための培養液のようなものですが、

自分自身で幸せの卵を愛情もって育まなければ、いつまでも孵化しない状態が続いてしまい、今はその状態だと思われます。

 

ここからは、恋愛の法則について少しお話ししますね。

いい出会いにめぐり合うための方程式は

 

「自分のクオリティー ✕ 積極性 ✕ 妥協する力」これが必要不可欠です。

この中で自分に足りていない部分を伸ばせば、おのずと自信が湧いてきます。

 

キレイになるための金銭的な余裕がないとのことですが、

見た目だけの魅力にとらわれている男性はむしろ「はずれ」だといえます。

 

「自分のクオリティー」は、人としてのクオリティで、やさしさや、人の気持ちに寄り添えること、笑顔が素敵など、内面が磨かれることによって、上がっていくものです。

着飾ってキラキラした女性よりも、優しい笑顔や、困った人のためにボランティアに打ち込んでいる女性の方が、人として魅力的に感じませんか?

 

「積極性」は、出会いの場をできるだけ広げること。

 

そして「妥協する力」。

これは特に恋人探しに関してですが、ファーストインプレッションはとても大事ですが、

もう一歩踏み込んでその人のことをよく知ってみると、隠れた魅力が発見できることもあります。

恋人にしようと思わず、あせらず、じっくり、友達としてでも新しい出会いの芽を育ててみる姿勢が大切です。

表面的な魅力の奥に、真実の輝きを見つける目を身につけてください。

 

 

最後に。

「結婚」「家庭」「出産」という世間が決めた幸せのカタチをいったん忘れて、

自分が自分らしく生きることをぜひはじめてください。

今は、孤独感やそれによる無気力に支配されている状態かと思われます。

自分の不幸な気持ちが何から来てるのか、正しく理解することで、本当の意味で乗り越える必要があります。

 

そうすれば、自分の幸せや前進に必要なことが見えてきます。

奈緒子さんは、今後も一人では寂しい、それにより働けなくなる不安を感じていますね

恐らく、必要なことは、同じ境遇の人との親交や、社会や人と関わることです。

そして孤独感が無くなっていけば、出会いなどの行動を起こす気力が出てくると思います。

 

まずは、結婚してしまってからではできない経験、どんどんしてください。

 

いつでも、お話し聞かせてくださいね。

心の向こうに、少しでも晴れ間が見えてきたのなら幸いです。

 

冬吮 大

メモ: * は入力必須項目です